スライスを直すアウトサイドインのスイング矯正はボールの4時半をインパクトしよう

kogg4
スポンサーリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。

あなたがスライスを克服できるように今回もサポートして行けたらと思っています。

 

スライスが出る原因ってあなたはご存知ですか?

アウトサイドイン軌道のスイングでスライスするとか。

インサイドからフェースが開いてインパクトしてプッシュアウトのスライスが出るとか。

スライスする原因は主にこの2種類があると言われていますね。

そこで、あなたがスライスしてしまうという場合は、この2つの原因をまずは追究する必要があります。

あなたのスイングがアウトサイドイン軌道のスイングでスライスしてしまっているのか?

 

もしくは、インサイドから振れているけど、フェースが開いてボールに当たっているのでスライスしているのか?

これらの原因をあなたが追及することによって、自分がどちらのパターンでスライスしてしまっているかを知ることがスライス克服の近道です。

 

そして、自分に合ったスライスを直す方法を実践するといいでしょう。

 

スライスする原因としてアウトサイドイン軌道でスイングしている場合は、ボールをインサイドから打てるようにするために、ボールの後方(3時の位置)を狙うのではなく、ボールの斜め後方(4時半の位置)からクラブを入れるように心掛けてみるといいでしょう。

kogg4

 

そうすることでアウトサイドインの軌道をインサイドインの軌道の矯正することができるようになります。

 

もちろん人によってこのスライス矯正方法が合う合わないがありますが、アウトサイドインの軌道でスイングしているためにスライスしてしまうという場合は先ほどの4時半の位置からクラブを入れるように意識してみるといいでしょう。

多分はじめはこのように4時半からクラブヘッドを入れるようにスイングすると間違いなく右へプッシュアウトしていくと思います。

でも、まずはプッシュアウトでOKなんです。

アウトサイドインのカットスライスはいきなり矯正できるほど簡単ではないです。

まずは右へプッシュアウトしてOK。という割り切った考えを持ってください。

これがスライスを克服するために重要なポイントになります。

右へ右へどんどんプッシュアウトを打っていってください。

「あー、また右へ飛んでいきやがって!クソ!」なんて思うと思います。

僕も初めはそうでしたので分かります。

右へ出て右へ曲がっていく球筋を見ていると気持ち悪いですよね。

全然楽しくないというかストレスがたまると思いますが、はじめはこれでOKです。

右へ右へ飛ばしていきましょう。

 

アウトサイドインの軌道でスイングしている場合はこうやって意識を変えてインパクトをイメージすることも大事です。

 

また、シャフトをしならせてインサイドからインパクトするためにはクラブヘッドを振るイメージでスイングすることもいいですね。

でもクラブヘッドをするからと言ってトップからいきなりクラブフェースをボールに向けて下ろしてくるようなイメージは絶対に持たないことです。

フェース面をボールに向けて下ろしてくるようにイメージしたり意識することはとても安心感がありますが逆です。

実はこれがスライスが直らない落とし穴でもあります。

トップから切り返しでクラブフェースというか、右手のヒラがむしろボールとは反対の空を向くように下りてきます。

右腰あたりまでは右手のヒラは空を向くぐらいのイメージで下りてきます。

そうするとクラブフェースは斜め上を向きますので、今までアウトサイドインでカットスライスを打っていた日tにとってはとても違和感があると思います。

でも、これが正しいです。

この感覚をまずは身に着けてください。

そして、アウトサイドインの軌道でスライスしている人の多くは、自分の体を一生懸命動かしているが、クラブヘッドが加速していかない。

でも、うまい人のスイングは体は静かに動いているけど、クラブヘッドは加速している。

上手い人と下手な人では体の使い方が違います。

静かに体を使っているように見える人はヘッドを加速することができていますが、体が動いて暴れて見える人のスイングはクラブヘッドが加速していきません。

体ばかりを大きく使って回そうとしてしまう人はクラブヘッドが走ってくれない。

だから力んで振ってまともに当たったとしても飛ばない。飛距離不足。飛距離不足。飛距離不足。

結局軽く振っているように見える人の方が飛ぶ。

そこには正しい腕のローテーションが出来ているというのがあるわけですが、こうも違いが出てしまいます。

これもアウトサイドインの軌道でスイングしている人に多く見られる傾向です。

 

あなたが、インサイドから振れるようになるためには、体は静かに使って、クラブヘッドを振る!というイメージを持って練習してみたらいいかと思いますよ。

クラブヘッドを振るからといってダウンスイングですぐにフェースをボールに向けるように下してくるのはNGです。これは絶対にしてはいけません。アウトサイドインの軌道が直りませんし、すくい打ちも直らないということになりますからね。

最も早くスライスを克服する方法はメルマガ限定でお伝えしています。考えて練習してもスライスは思うように克服できません。今すぐスライスを克服したい場合はメルマガで教えます。 無料メルマガ repoto